彼氏や旦那に気兼ねなく働ける大阪の風俗求人は

美しい女性

義務感の強い接客で苦しむのは自分

お客さんを捌くという言い方をしている風俗嬢がいるが、この手の発言をしている女の子は短期的には稼げるものの、長く活躍し続ける事は難しいだろう。捌くと言うからには、しなければならないとか早く終わらせたい気持ちが強いはずだ。そうなると接客するたびにストレスを感じる事になるので、それに耐えられなくなってしまう訳だ。特に、自分の事をプロの風俗嬢と自称してみたり、或いは周囲の人達から「彼女はプロ」と言われると良い気分になるタイプの女性に多く存在している。お客さんに、そう思っている事を悟られなければ良いと考える嬢もいるが、それ以前の問題として自分自身の健康にとって良くないのではないだろうか。毎日イライラしないといけないし、義務感が強いから接客時間も長く感じられるはずだ。その様な考え方で接客していて損をするのは女性側なのである。オリンピック招致の影響で「おもてなし」なんて言葉が一世を風靡したが、風俗嬢にもその心意気が必要だと感じている。お客さんの体を受け止め、射精させるだけでは全くダメと言っても良い。心を受け止めて、その心と限られた時間内で仲良くなって欲しい。心の繋がりがあれば接客も楽しくなりストレスも感じなくなるからだ。

What's New

TOP